スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスクライマー

TAP様のブログで懐かしのゲームが出ていらっしゃったので
便乗して、昔の懐かしい名作ソフトをポンチ目線で
書き綴ってみようとゆう。

いつも暴走だけど
さらに暴走のカテゴリ作ってみました。あは。


ファミコン自体、私の中で最強ですね。
大人になってから、あまりにやりたくなって
大人買いしたくらいですから。

引越しの時に友達にあげちゃったけども。

ファミコンって今思うとものすっご難しいと思う。
子供だからできなかったのかなって思ってたけど
大人になってからやっても出来なかったd(゚∀゚)ぃぇぃ!


なのでまずは表題通り、アイスクライマーについて。
あれは名作中の名作だと勝手に思ってます。

何面まであったか分からないほど
膨大にあった気がします(-公-)
・・・エンディング無いんだっけか(-公-)



そもそもアイスクライマーがどんなゲームかとゆうと、
ハンマー使いの二人がお邪魔モンスター倒しながらブロック壊して登っていく。
とゆう超シンプルイズザベスト!なゲームです。

登り切るとボーナスチャレンジがあって
野菜をゲットしながら更に登って、一番上で飛んでる鷲?
に掴まればやるじゃねーか(-公-)って感じかしら。


しかし鷲?に掴まれるのは一人だけなわけで、
いくら仲の良い友達でも殺し合いになるという
案外、ダークな一面も。
むしろ、登るのが目的ではなく邪魔するゲームなのか?




コンベアに乗って頑張って穴あけてもあざらし?が
また塞いじゃうんだよね(-益-)むきっ


ボーナスステージでも時間制限あるせいで
超焦ってまったく違う方向にダイブしてました(-益-)むきっ


あと白熊出てきた瞬間に焦って落下してました(-益-)むきっ



そもそもなんだよ、あのサングラス。
悪いやつ代表いこーるサングラス?

偏見ですよ!
夏は気持が開放的になるのよ!(雪山です)
誰だってサングラスかけたくなるんだから!(そうでもないです)
と良くわからないところで怒ってみました。




補足あったらお願いしますね←

人によって印象のある出来事って違いますからねw
聞くの楽しいのでw


しかし歳バレるんじゃなかろーか((((;゚;Д;゚;))))



コメント

No title

アイスクライマーとは懐かしいタイトルですねー。
いかに仲間を置き去りにするかの対戦ゲームでしたっけw

自分は25面ぐらいまでは行けた記憶がありますが、
何面まであったんでしょうね?

アイスクライマーもやりましたけど、同じ頃には
「バルーンファイト」もやってましたよ。
これも強力プレイのはずがいつしか仲間を妨害する対戦にw

しかし年がバレr・・・

No title

TAP様
うふふ。そうです、置き去り邪魔し合うゲームです。
(ちがう)
アイスクライマーは無限のステージだそうですよ。

「バルーンファイト」は残念ながら…
やったことがないです(。´Д⊂)
でも邪魔するゲームは好きです←

昔のゲームは斬新ですよね、ある意味w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。